弟子屈ADの廃止

■弟子屈飛行場の廃止
弟子屈飛行場が廃止されます。飛行機好きの道民としては非常に残念です…..(;´_`;)
1.弟子屈飛行場
  ・位置:432845N/1442609E
  ・RWY:07/25 550×25m
  ・管理者:北海道弟子屈町
  ・種別:公共用その他
2.永久保存版.jpg → 弟子屈 AD CHART
teshikaga AD
 
3.有効日:09/9/24
4.日本経済新聞記事抜粋(09.7.10記事):
利用客低迷で国土交通省は10日、北海道の弟子屈飛行場(弟子屈町)の使用を9月24日で廃止すると発表した。同飛行場は遊覧飛行向けで、利用客数が低迷しているうえ、町の財政難で新たな設備投資も難しいため。国や地方公共団体が管理する空港が廃止になるのは初めて。4月には礼文空港(北海道礼文町)も休止しており、増え続けてきた国内の空港も人口減で曲がり角を迎えている。
飛行場を管理する弟子屈町が国交省に廃止を申請していた。摩周湖や釧路湿原の上空を回る夏の遊覧飛行のため1970年に開港したが、2007年度の利用客は170人にとどまっていた。テロ対策で飛行場の施設基準が厳しくなり、金属探知機やゲートの設置など約2億円の設備投資が必要になったことが廃止の決め手になった。
6月に静岡空港が開港し、国内の空港数は98になった。来年3月には茨城空港も開港するが、地方空港の大半は赤字だ。
+ DGRAPH TOP (FIG WebSITE のトップページにもどります)